Addressing community challenges requires a clear understanding of current outcomes and a commitment to monitoring those results over time. That’s why the Richard M. Fairbanks Foundation launched the コミュニティデータのスナップショット in February 2021, offering a free, centralized tool for accessing comprehensive data on pressing community issues. The CDS also contains demographic information, comprises more than 250 charts, and is updated regularly as new data become available from federal, state and local sources.

June 2023 updates to the Education section of the CDS allow users to view and compare data for individual schools and school corporations, and to view outcomes by school type, including district, public charter, Innovation Network, and private schools. The available data represent a range of student outcomes – from test scores to student discipline and various measures of college and career readiness – and can be disaggregated by student characteristics like race/ethnicity, family income, English learner status and more.

These updates allow parents, education leaders, community-based organizations and others to better understand outcomes for individual schools and school types, adding clarity to Marion County’s complex education landscape. The Foundation’s CDS provides users with the most detailed education dashboards for Indianapolis schools.

Watch our video for a two-minute tutorial on how to use the Community Data Snapshot to better understand education outcomes and schools in Indianapolis.

追加投稿

インディアナ州の NAEP スコアは 2019 年に低下しました。これはインディアナ州の学生にとって何を意味するのでしょうか?

クレア・フィディアン・グリーンはリチャード・M・フェアバンクス財団の代表兼CEOです。昨日、米国教育省は、一般に「国家の成績表」と呼ばれる全国教育進歩評価(NAEP)の最新スコアを発表しました。インディアナ州のスコアは期待外れで、同州が最近発表したILEARNの結果を反映しています。2019年、インディアナ州の8年生のうち、NAEPで読解力と算数の能力を示したのはわずか37%でした。4年生では、読解力に能力を発揮した生徒は37%、算数に能力を発揮した生徒は47%でした。読解力の平均スコアは低下し、算数の平均スコアは2017年の最後のテスト実施以来比較的安定しています。読解力の平均スコアは低下しましたが、算数の平均スコアは比較的安定しています。[…]

インディアナ州は「タバコ国家」を構成する 12 州のうちの 1 つです。どうすればこれを変えることができるでしょうか?

クレア・フィディアン・グリーンはリチャード・M・フェアバンクス財団の代表兼 CEO です。米国におけるタバコ使用に関する最近の報告書では、隣接する 12 州の成人喫煙率が全国平均を上回っているだけでなく、中国、インドネシア、ブラジルなど、世界で最もタバコに依存している国の多くよりも高いことが指摘されています。残念ながら、インディアナ州は「タバコ国家」を構成する 12 州のうちの 1 つです。タバコ国家の州では、健康状態が全国平均よりも悪いです。喫煙に関連する予防可能な病気 (肺がん、その他のがん、心臓病など) の発生率も高くなっています。したがって、これらの州の平均寿命が低いのは当然のことです。[…]